3909efccbf078e3457b8de352200a5f3_s

薬剤師が転職したいと思う理由

はじめに

薬剤師は資格を活かして働けるので、とても安定した仕事だというイメージがあります。しかし実は薬剤師になれても様々な理由から転職を考える人も多いのです。

薬剤師が転職をする理由は以下の通りです。

女性薬剤師の場合、結婚や出産によるもの

全国で薬剤師として働く人の約6割が女性であり、女性が活躍できる仕事です。女性は人生の中で結婚や出産といったイベントが多く、プライベートな事情で仕事を辞めざる負えないこともあるのです。

最近では時短を認めてくれたり異動させてくれたりなど、仕事と育児を両立できる様にサポートしてくれる企業もありますが、子育て中の女性はどうしても子供の為に急な早退や休暇を取ることが多くなります。

無理をして職場に残ることで周囲の人に迷惑をかけてしまい、居心地が悪くなって退職する人も多いのです。

資格があるので子育てが落ち着いてから再度薬剤師として復職することも可能になっています。辞める前に一度どんな転職先があるのか情報を調べてみると心強くなれます。

年収をアップさせたい

薬剤師として一つの職場に3年以上務めると、殆ど仕事の内容も把握して更にやり甲斐を求める様になります。

自分のスキルに見合った年収が欲しいと考える様になり、転職をする人が多いのです。中にはいつまでも同じ仕事ばかりで新しい仕事にチャレンジさせて貰えず、昇給のチャンスもないことが不満で転職を考える人もいます。

年収アップの為の転職は、給与面だけに重点を置いて求人を探していると後で「こんな筈じゃなかった」と後悔する可能性があります。

自分のスキルを整理して、同じ年齢の人がどの様な仕事内容でどれ位の年収を得ているのかリサーチしてから転職活動を始めることが大切です。

待遇への不満

薬剤師として自分が思い描いていた仕事内容と違っていると、長く勤めているうちに我慢が出来なくなります。

仕事内容だけではなく「残業が多い」「採用時に説明された仕事内容と違う」「接客や事務を任されている」など、不満は増えていく一方です。

転職をする際には面接時に必ず「転職理由」を訊かれますので、不満を理由にしないことが大切です。
どこの職場でも少なからず不満はあるもので、応募した企業に「すぐに辞めてしまいそう」と思われてしまいます。

自分が本当にやりたいことは何であるかを見つけて、条件面での優先順位をつけておくと失敗しません。

人間関係

薬剤師は女性が多い職場であり、しかも年齢層が幅広いところが多く、派閥を作ったり噂話を広めたりと人間関係は複雑と言えます。

同じ職場で同じようなライフスタイルの女性がいれば話し相手となるのですが、殆どの場合別々に採用された人達ですので孤独を感じるという人も多いのです。

どこの職場でも多少の人間関係でのトラブルはあるものです。
自分から笑顔で明るく振る舞うなど努力をして、「程良い距離の関係」を保つ様に努力することが大切です。

おわりに

薬剤師が転職をする際には、転職サイトで求人探すことが多くなります。

給与や待遇面など直接訊きにくいことはサイトのスタッフを通じてクリアにしておき、面接の際にはスッキリとした気持ちで前向きな転職理由を述べられる様にしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です